記事一覧

ホーム / 渡航日誌 2/9

作成者 Masaya Yoneda - 2020年2月18日

渡航日誌 2/9

序章/1日目/2日目/3日目/4日目~5日目

婚約後の朝

見事にお客様は希望が実り、婚約に至りました。気持ちよく朝食をとります。お客様はフォーを選んでいました。

その後は実家訪問のために買い物に行きます。ベトナム側ではこれを女性の要求によるお土産として扱って、お見合い費用から揃えることになりました。本当は事前約束で日本から持ってくるべきところだったので、太っ腹な対応です。私たちに対して優しく寛容で、女性選びも頑張ってくれたお客様に対し、ベトナム側も善意で応えます。

そのまま実家に向かっていきます。

衝突

実家ではたくさんの親族が待っていました。果物や飲み物を並べ、私たちを歓迎します。

おばあさんへのお年玉の授与も行われました。これでおばあさんは問題ないでしょう。

ところが、ベトナム語で話が始まると、空気が凍り付いていくのが日本人にも分かります。何かベトナム側と実家親族たちが揉めるような感じで、女性は泣きそうな表情になっていました。

機を見て状況を通訳者に聞くと、お金で揉めているらしいとのことです。これは雲行きが怪しくなってきました。

そして結論が言い渡されます。なんと親族たちは、昨日約束した結婚式費用45万円を覆し、80万円に増額要求してきました

ここは、私はお客様の代わりに怒らなければならないシーンです。丁寧に条件確認したお客様を侮辱するような行いです。実家訪問まで行ったのにまだお鉢が回ってきてしまうものですね。

なぜ昨日の話と違うのですか?

「技能実習で来日するための保証金(予想:約100万円)を払ってしまったけど、結婚するとそれが戻らないからです。」

「果物どうぞ」

ん?これだと来日手段に窮したから結婚したいという彼女の前提が崩れます。彼女は結婚技能実習で来れます。結婚の動機が分からなくなりました。

ビザが困難になったというのは嘘ですか?

「コロナウイルスのせいで、取れなくなるのではないかと心配しました。」

「そ、そうきたかあ…」

「果物どうぞ」

思わずそうきたかあと言葉に出てしまいました。ここでもコロナが影響してきますか。つまり彼女は、単に心配しているだけでビザが取れなくなったわけではありませんでした。

何か家族に問題があったらまたお客様にお金を要求しますか?そんなことをされては困ります。

「いいえ、しません。」

「果物どうぞ」

本当に80万円で、これ以上の増額はありませんね?

「はい、80万円です。」

「果物どうぞ」

このようなことはお客様からは事実上言えないので、同行者の存在はやはり重要です。そして、女性のお母さんは、怒っている私に対して果物を差し出しまくり、常に懐柔を試みてきますよ!面白いキャラクターですね。

さて、お客様が言いたいであろうことは終わり、私にできることはここまでです。お客様と結婚したい女性は他にもいます。特に、金銭条件が同等なら選ばれていたであろうV2600にとっては、敗者復活のチャンスです。さて、お客様は要求を受けるか蹴るか……

いいですよ。

お客様はあっさりと要求を承諾、婚約は継続となりました

あとからお聞きすると、お客様は結婚式費用45万円という値付けが女性にふさわしくないことを十分わかっていたそうです。80万円という妥当に見える金額になったことにより、むしろ安心したとのことでした。

結婚式費用(結納金)は、現在45万円という設定になっており、これには挙式費用と結婚プレゼント費用(3点セット)が含まれています。結婚式費用が45万円を割る場合は余剰は家族のものとなり、結婚式費用が45万円を超過する場合は超過分は家族の負担となります。しかし、日本で300万円かかるものが、ベトナムで45万円で済むものでしょうか?これはお見合いで必ず確認して、お相手選択の判断に含めるべきです。もっとも、お客様は今回確認したうえで裏切りを受けてしまいましたが。

さて、お客様が許したので実家のみんなは安心して歓待モードに戻ります。ベトナム側や私もなかば喧嘩した後ではありますが、お客様が許したことにより同様に歓待を受けます。昨日辛い物に散ってしまったお客様と私ですが、今回は配慮してくれて、辛い物を抜いてくれました。

実家でのツーショットもカメラにおさめておきました。

幕間

さて、明日の結婚手続きに向けて、女性と一緒にホーチミンに向かいます。女性の実妹も一緒に同行することになりました。

そしてこの妹が車酔いを起こし、げろげろ状態です。車を路側帯に止めて、吐きます。少し行って、また吐きます。どんどん吐きます。なんだかかわいそうな旅になりました。

ベトナムの車も何かこの日はものすごく、傍若無人な車両が相次ぎ、強引に割り込んだり対向車線を逆走したりとやりたい放題でした。それに対応するためにどうしても荒い運転になってしまい、妹もどんどん吐きます…

おおむね半分くらい進んだところで、休憩所に駐車してトイレ休憩をとります。そこでは偶然他のお客様の奥様(来日前)に再会しました。元気そうでよかったです。

その再会を眺めるお客様に対し、女性はお客様の手を引き、あっちじゃないなどと言って見えないところに連れて行こうとしたそうです。他の女性の存在に敏感に反応して、嫉妬を燃やしていました。

そんな駐車場でも一枚撮っておきました。

って、マスクしてるじゃないですか!やり直し!

その後はホーチミンのホテルに到着して夕食をとり、お客様とお話ししたり、ちょっと出歩いたりして、一日を終えました。

序章/1日目/2日目/3日目/4日目~5日目

 


結婚相手をお探しですか?

メコンブライダルは日本人男性・ベトナム女性専門の国際結婚紹介会社です。

あなたの人生の扉は、きっとここに。

ベトナム女性会員一覧

メコンブライダルLINE-QRコード

080-6190-2330
bridal.tk@gmail.com

今日、あなたの人生を変えてみませんか?