記事一覧

ホーム / 失注の分析

作成者 Masaya Yoneda - 2021年1月28日

失注の分析

メコンブライダルでは、申し込みを検討するもののお見合いに至らない、失注案件も珍しくありません。結婚はお客様の人生を左右する重要なことなので、お見合いしてほしい気持ちはありつつも力強く迫ることは控えているため、失注案件は多くなりがちです。

最近フォローアップを行って過去のお客様の状況確認をとったところ、既存案件の分析状況は以下の通りになりました。

この分析の母数にいれる前提としては、「ある程度真剣な利用検討者として会話が成立したことのあるお客様」というレベル感になっております。また、企業秘密なので正確な集計数は公開できませんが、十分統計できる母数にはなっているとは申しておきます。

全体を見ると、利用検討中は29%なので、残りの71%は失注ということになります。利用を断念した男性は国際結婚の婚活自体を見送る男性なので、実際に改善余地のある失注は全体の62%ということになります。

本記事では失注について分析していきます。

多発する詐欺被害

まずは詐欺被害の比率に注目せざるを得ません。全体の11%を占めていますが、「連絡が取れないので不明」「利用検討中」を除けば、3分の1にも及びますこのときのお客様も他社で詐欺被害に遭っていたことや、「連絡が取れないので不明」の中にも少なくない割合で詐欺被害後利用をやめたお客様がいるであろうことから、とんでもない被害数であることが予想されます。

これは既存客の統計なので、詐欺業者との信用勝負に負けての失注ということになります。詐欺業者のほうも種々の嘘を入れながら言葉巧みに詐取することを生業としているので、情報公開を重視した正直主義のメコンブライダルはどうしても押し負けてしまいがちな部分はあります。

せっかくこの記事をご覧になっているお客様は、以下のことに気をつけてみてください。

  • ウェブサイトの内容をよく確認してください。
  • 事前に料金や費用をよく確認してください。
  • 最近の実績を聞いてみてください。
  • 国際結婚業者による他社評は、明確な根拠がある場合を除き基本的に無視してください。
  • 女の子には何を払えばいいのかよく確認してください。(メコンブライダルの場合はお見合いの席で私が確認します。)
  • 何か違和感を感じたときには、周囲の意見を求めてみてください。
  • 万一詐欺被害に遭ってしまったときには、法テラス消費生活センターなどに相談し、落ち着いて対応してください。
  • 少なくとも、メコンブライダルや日本側担当者と何かしらの関わりがある/あったと言っている国際結婚業者はすべて必ず噓つきです。(1st倶楽部シリウスは別です)

検討が終わらないお客様たち

いわゆる「迷える羊」状態のお客様も依然多く、29%を占めています。また、半年以上検討し続けているお客様はその中で過半数を占めます。

検討が終わっていない理由で最も多かったのが「現地に行けない(オンラインには抵抗がある)」次いで「決心がつかない」「良い女性がいない」でした。

オンラインに抵抗がある層は依然多いですが、逆にそのおかげでオンラインに行ける男性が恩恵を独占できている部分もあります。高い意欲で先陣を切ってくれたオンライン婚約初期のお客様のおかげで今があり、感謝は尽きません。

プロフィールによる弱肉強食から、決断力による弱肉強食に推移している現状、検討中のお客様にもぜひひとふんばりしていただきたいところです。

他のサービスに競り負けての失注

他のサービスでお相手を見つけたお客様たちが最も失注らしい失注となります。全体では11%になります。これは連絡が取れない男性たちにはあまり含まれていなさそうです。(既に他で成功したお客様は、あえて成功を隠すことはしないでしょう。)一番多いのは中国国際結婚、次いでベトナム、その他もすべてアジア系となりました。また、国内婚活に成功したという男性はいませんでした。この1割強の失注にどう取り組むかは今後のメコンブライダルの運命を左右するでしょう

中国女性は性格面での不安はありながらも、漢字で言葉が通じる点や在日再婚女性の層の厚さが評価されているようです。あとは中国語が分かる40代・50代男性は一定数おり、そうした男性にとっては言葉の壁が薄くなるので中国人はかなり魅力的な存在になります。

ベトナムについては純粋に女性の質などで力負けしているということなので、ここはストレートに努力していく必要があるでしょう。

自覚しているメコンブライダルの弱みとしては、在日女性方面です。現地女性の圧倒的な層の厚さと比べると在日女性は現状迫力不足といえます。在日女性を目指すにはおおむね対等なプロフィールである必要があるので、適しているのは30代や40代前半のお客様や高い経済力を持つお客様ということになりますが、そうしたお客様をメコンブライダルはほとんど抱えられていないという要素もあります。つまり、在日には男性も女性も不足しているわけで、苦戦するのも無理のない話です。

在日女性をいくら揃えても国際結婚の持ち味である格差結婚は実現できないので、ロマン性が高い現地女性とのオンライン婚約のほうに力を入れる方針には変わりありません。しかしベトナム専門の結婚紹介業者としては、在日女性との結婚を目指すお客様にもご支持いただけるような女性募集の必要性は痛感しているところです。

あとは窓口を担う私の営業力不足で失注になっていることももちろんあるでしょう。私も営業タイプのパーソナリティではないのでなかなか大変ですが、1人でも多くのお客様に幸せを届けるために頑張っていかないといけません。とはいえ、力強く迫るのではなくお客様の自発的な決断・選択を重視するという理想は維持したいので、どうすればお客様が幸せになるのか考えながら営業活動に励みます。

自力での成功

割合としては少ないですが、意外と侮れないのが自力成功です。成功した男性たちは、自力でアジア系外国人との結婚にこぎつけているようです。こうしてみると全体の4%とはなかなかの数字ではないでしょうか?

コロナで落ち込んでいるとはいえ、トレンドとしては在日外国人は増加傾向で、コミュニケーション能力が高い男性であれば出会いの機会は多くなっています。

紹介業者を介する方法と比較すると、必ずしもすぐに結婚したい女性ではないことが多くなります。国内婚活よりは早期決着できると思いますが、複数回のデートは必要で、デートの結果ふられてしまうこともあるでしょう。一方で、自力の場合紹介業者に会員登録しないような女性が拾い上げられるのは大きなメリットになります。

まとめ

今回は失注についてフォーカスしてみました。失注したお客様の中で実際に幸せになった男性はあまり多くない様子ではありました。しかし月間の成功者数が1~2名くらいで推移している現状を思えば、素質あるお客様を1人でも失うのはかなりのインパクトとなります。

少しでもお客様を繋ぎとめられるように、そしてそれはお客様に迫るようなやり方ではなくお客様自らのやる気を引き出すようなやり方であるように。これは今後も重要なテーマになってくるでしょう。

 


結婚相手をお探しですか?

メコンブライダルは日本人男性・ベトナム女性専門の国際結婚紹介会社です。

あなたの人生の扉は、きっとここに。

ベトナム女性会員一覧

メコンブライダルLINE-QRコード

080-6190-2330
bridal.tk@gmail.com

今日、あなたの人生を変えてみませんか?