記事一覧

ホーム / オンライン部分受託1月20日

作成者 Masaya Yoneda - 2021年1月21日

オンライン部分受託1月20日

今回はビデオチャットのみの受託となります。

部分受託に至るまで

コロナ前にベトナムにビジネスに行ったお客様は、そのとき雇った日本語能力のあるベトナム人運転手さんと意気投合し、個人的に女性紹介を受けます。モデル級の美女です。そして何度かビデオチャットを重ねた結果、結婚を決めるために一度会いにいくことに決めます。

しかしその後突如湧いてきたコロナによって入国制限が発生し、お客様のベトナム渡航は頓挫します。とはいえ当初はこのお客様に限らず誰もがコロナを楽観視していました。2020年夏ごろにはベトナムに行けると思われていたので、そこで会いに行って結婚を決める計画に練り直します。お客様の援助のもと、女性は仕事をやめて日本語学校にも通い始めます。

ところがコロナ禍は終わらず、日本語学校は一時閉校となり、ベトナムに行ける見込みもなくなりました。当初会わずに結婚を決めるという考えがなかったお客様は、生活費の援助だけを続けざるを得ない状況になります。

ただの運転手さんがコロナを含むこの事態をサポートし続けるにはさすがに力不足でした。運転手さんは終わりの見えないコロナに意気消沈してしまい、サポートをほとんど放棄してしまいます。それはお客様に疑心を持たせるのに十分でした。さらにお客様は、「会わずにお金を送るなんてとんでもない」「会わずに結婚を決めるなんてとんでもない」という無責任な周囲の意見に惑わされてしまいます。

そしてついに疑心を行動に起こして、生活費の援助を打ち切ってしまいました。これには仕事をやめていた女性もたまらず、お客様へのメッセージ頻度を大きく減らします。お客様は、まさにせっかくのモデル級美女との縁を逃しそうという場面でした。

ここでお客様は、かつて連絡をとっていたメコンブライダルに意見を求めます。私は参考意見として、「お客様の年齢を考慮すると女性は若すぎるし美人すぎます。お客様の周囲の意見は、マッチングの相場観という視点が決定的に欠けています。お客様があれだけの美人と結婚するなら、消極的な行動をとることは許されないでしょう。」ということをアドバイスしました。

その後2か月くらいの逡巡の末、お客様はついに会わずに結婚手続きを進めることを決めます。しかし結婚条件は一応決まっていたものの、紹介者はただの運転手さん、本当に互いの意思がしっかり確認できているのかお客様は不安でした。そこで、オンラインお見合いを実施しているメコンブライダルに、互いの不安解消のためのビデオチャットをやってほしいという話になります。メコンブライダルは合意価格にてこれを引き受け、ビデオチャットは実現することとなりました。

解説:個人紹介

メコンブライダルのような会社組織的な紹介業者と異なり、個人レベルで女性紹介をしているかたもいます。ここでは、このような紹介を個人紹介、このような紹介者を個人紹介者と、それぞれ定義し、呼称します。

私たちのような紹介業者と比べたときの、個人紹介の一般的特徴は以下の通りです。

  • 多くの場合知人友人の紹介となるため、紹介可能人数は少ない
  • 料金は人によるが、仲が良ければ安くなる
  • たいていは、紹介成功と同時に報酬発生で、その後のサポートは相談対応のみとなり、婚約時期や結婚手続きはカップルの自己責任となる
  • 個人紹介者と女性が親密な場合、相談対応の質は高くなる
  • 個人紹介者は実績を気にする必要がないため、お金ほしさに不誠実な対応をされることも頻発している

親密で信頼できる個人紹介者がいて、なおかつ紹介可能な女性の外見が好みであれば、個人紹介を使用するのも一考の価値があります。逆に信頼できるかどうか分からないような個人紹介者を使うのは避けるのが無難です。

100:0

女性はビデオチャットに登場しても圧巻の美貌です。22歳初婚で高卒というプロフィールです。

お客様はどう進めればいいか指示を求めてくるので、いきなり条件確認をすることもできるがそれだと不躾なので、まずは他の部分を質問してはどうかと提案します。

お客様と女性は、これまで質の良い通訳が使えなかったためになんとなくの理解であったお互いの情報を、1つずつ確認するように話していきます。

女性は従来対面なしでは結婚しないという考えだったお客様を気遣い、結婚はベトナムに行けるようになってからでも大丈夫だと言いますが、お客様はコロナの状況なので会わないで結婚してほしいと言います。女性はもちろんこれを歓迎します。女性家族も歓迎しているそうです。

そして私の確認コーナーに入ります。今回、最も懸念されていたのは運転手さんの確認内容との認識相違でした。しかし私の確認では、そのような相違は見受けられませんでした。初婚子どもなし、病気タトゥー借金なし、仕送り自力、結納金80万円、来日1年後に婚姻関係が正常であれば200万円の家の改築費用を支払う、という内容です。モデル級の美女に対してこの条件でまとめてしまう運転手さん、実はなかなか敏腕なのかもしれません。

女性はお客様との結婚の気持ちは何があっても変わることはないと言います。そしてお客様も、これから結婚に向けて頑張りましょうと応じます。良い雰囲気のままビデオチャットは終わりました。

その後お客様はメコンブライダルのビデオチャットに感激のあまり、メコンブライダルに通訳料を倍払いたいと申し出ます。お客様は他にも国際結婚のビデオチャットを経験していましたが、それと比べて品質は圧倒していて、お客様の言葉を借りれば「100:0でメコンブライダルの勝ち」だそうです。私は他社でのビデオチャットがどういう進行なのか全く知りませんが、明確な確認や悪女対策を旗印にさまざまな工夫を凝らしてきた成果は結実してきているといえます。

今回のような部分委託も、ケースバイケースにはなりますが費用感が合えばお受けできます。気になるお客様はぜひ一度ご相談いただければ幸いです。

 


結婚相手をお探しですか?

メコンブライダルは日本人男性・ベトナム女性専門の国際結婚紹介会社です。

あなたの人生の扉は、きっとここに。

ベトナム女性会員一覧

メコンブライダルLINE-QRコード

080-6190-2330
bridal.tk@gmail.com

今日、あなたの人生を変えてみませんか?