記事一覧

ホーム / オンラインお見合い 11月9日

作成者 Masaya Yoneda - 2020年11月10日

オンラインお見合い 11月9日

一本釣り

今回のお客様は、高齢ですが、非常に順調にビジネスをしている男性でした。来春に事業拡大をして忙しくなるため、まだ忙しくない今のうちに結婚・来日を終えたいという人生計画をお持ちでした。

今回のお客様には、V1987という本命がおり、その子にだけ向かっていく考えでした。現地コースでは近年難しくなってきた一本釣り指名ですが、オンライン婚約コースではそもそも1人ずつしかお見合いできないこともあり、一本釣り指名と相性がいいです。

V1987はもともとオンライン婚約に肯定的な考え方をしていたため、お客様のお見合い依頼を快諾し、お見合いが成立します。しかし年齢差とプロフィール差は大きいため、お客様は「トライ ザ ベスト」という言葉で自らを奮い立たせ、挑戦者の気持ちで頑張ってお見合いに臨む考えでした。

V1987はかなりの人気女性で、こちらで把握しているだけで5人の男性の関心を集めていました。そして、今回のお客様の本命に向かっていく気持ちはとても有利に働き、決断力の点で上回っていたお客様は、誰よりも先にV1987への挑戦権を得ることになりました。

私のために、あなたは独身だったのですか?

お客様はまずは緊張した面持ちで、しっかり用意していたと思われる自己紹介を語っていきます。が、女性の近所で工事をしているらしく、轟音で自己紹介は阻まれます。やりにくい展開、と思いきや、工事に負けないくらい女性のほうは高いテンションで話していきます。

▲オンラインお見合い4回目にして、女性の顔を拡大できることにようやく気付く。女性の画面をタッチするとよいようです。

女性は常に笑顔で、明るい対応でした。そして人気女性にふさわしい美貌で、お客様を魅了していきます。

女性のほうが最も重視している条件は、「子どもが産まれるときに、母親に来日して手伝ってもらってもよいこと」「日本で働いても良いこと」の2点でした。さほど厳しい条件ではありません。これはもちろんお客様は快諾します。

さらに女性からお客様に、本当に隠し子や愛人がいないか、という確認をします。これが終わると、女性はお見合い中盤にもかかわらず、「私は結婚したいです!どうですか?」と言ってきます。性差もプロフィール差も逆流しての、逆プロポーズになります。お客様もこれを快諾

メコンブライダルの歴史上で、今までで一番早い展開のお見合いでした。

その後女性は、高齢なのに初婚のお客様に対して、「私のために今まで独身だったのですか?」と聞きます。お客様は、「そうです!」と回答します。2人は笑って、お互いの心意気をたたえました。

▲オッケー!

また、女性がお客様の会社を何か手伝えないかというと、お客様は「隣にいるだけで給料を払ってあげる」と言って場を和ませました。

やりにくかった確認コーナー

さて、恒例の私の条件確認コーナーです。って、この雰囲気はやりにくいぞ!?お客様も女性も既に結婚を合意しているので、「そんなことより早く結婚したいよ」のような雰囲気がひしひしと!でも、確認コーナースキップして後で問題が起こるリスクを負うよりも、今私が雰囲気に逆行して後の問題を未然に防ぐ方がよいとみて、確認を進めてみます。この判断が正解だったかどうかは、私は今振り返っても実は分かりません。

結果的には、胃に持病あり(稀に薬を飲む程度)、タトゥー借金なし、結納金定額、仕送りは小遣いから送るがその小遣いは来日後相談、日本語学費+生活着は1か月5万円+学費の実費額となりました。今回はお客様も強い確認を望まなかったので交渉らしい交渉はしていませんが、相思相愛が条件にも反映され、美人としてはなかなか良い内容にまとまりました。

そして女性は時間がないようで、私はお見合いを終えようとしますが、女性はそれを遮り、今婚約をかわしたいと言います。もちろんお客様も快諾。最高のテンションでお見合いは終わりました。

形式上は5人のお客様の争奪戦になりましたが、実際にオンラインに踏み込めたのは今回のお客様ただひとりで、そして幸せを手にすることができました。5人のお客様の中で今回のお客様のプロフィールが優れていたわけではありません。これからは間違いなく、プロフィールよりも決断力の時代です。

 


結婚相手をお探しですか?

メコンブライダルは日本人男性・ベトナム女性専門の国際結婚紹介会社です。

あなたの人生の扉は、きっとここに。

ベトナム女性会員一覧

メコンブライダルLINE-QRコード

080-6190-2330
bridal.tk@gmail.com

今日、あなたの人生を変えてみませんか?