各種手続き

国際結婚の一番難しくて時間かかることは結婚に伴う各種手続きでしょう。以前から結婚手続きは大変難しかったのですが、現在では入国管理局での花嫁の在留資格認定の申請が最も厳格で困難なものになっています。このページで手続きの詳細を解説いたします。

 

結婚手続きと入籍

国際結婚の場合は結婚手続きは両方の国で済ませる必要があります。具体的にベトナム国際結婚の場合はベトナムと日本の両方で結婚手続きを終えなければなりません。そのため、やり方は2つあります。

  1. 先にベトナムの方で結婚手続きを完了させてから後で日本の役所で婚姻届を出して入籍を行うこと
  2. 先に日本の役所で結婚届をしてから後でベトナム側(在日ベトナム大使館)で結婚登録をすること

この2つの中で(1)は10万円の結婚手続き費用が発生しますが全てのタケシ結婚相談所のスタッフがするためお客様には手間がかかりません。逆に(2)は全てお客様による手続きとなり、公的機関で発生する経費(3~4万円)以外の結婚手続き費用は掛かりませんが、平日に手続きをして、書類の収集や確認はしなければなりません。

先にベトナムで結婚手続きしてから日本で入籍

現地コースで結婚したお客様の多くはこの方法を利用しています。ベトナム現地での結婚申請は全てタケシ結婚相談所のスタッフが代行して行います。お客様の結婚渡航の間に結婚証明書受領ができるようにお見合いの後すぐに申請手続きに取り掛かります。

申請に必要な書類

男性側の書類:一部はお見合い渡航の前に取って頂き、一部はお見合い渡航期間中に日本領事館で取得します。

書類 必要部数 取得機関
パスポートのコピー 1部
戸籍謄本 2部 市区町村役場
婚姻要件具備証明書 1部 在ベトナム日本領事館
神経検査証明書 1部 ベトナムでの病院
住民票 1部 市区町村役場

女性側の書類:地方の人民委員会で取得

  • 身分証明書(人民証明書)
  • 戸籍謄本
  • 出生届(写し版)
  • 婚姻要件具備証明書
  • 神経検査証明書

結婚申請先:地方の法務室

申請から証明書が交付されるまでの期間:10日間

結婚証明書が交付されたら連絡が来ますので結婚証明書受領のスケジュール調整をする必要があります。

結婚申請代行費用は10万円です。この中で含まれるものは

  • 神経検査費
  • 各種書類の翻訳
  • 申請費用
  • 手続きが円滑に進むための費用

手続きには約1か月かかります。手続き費用には日本領事館での婚姻要件具備証明書の申請費用が含まれないことにご注意ください。

結婚証明書受領後、必要な書類を取得してもらい日本にお持ち帰りください。

書類 必要部数 用途
結婚証明書(原本及び公印のあるコピー) 原本1部

コピーは2部

市区町村役場と入国管理局に提出
お相手の証明写真(横3cmx縦4cm) 数枚 市区町村役場と入国管理局に提出
お相手の両親・兄弟の氏名・生年月日・現住所(戸籍住所ではなく)・電話番号 入国管理局に提出
お相手のパスポートのコピー(写真のあるページ) 1枚 市区町村役場と入国管理局に提出
お相手の出生届(公印のある写本) 1部 市区町村役場に提出

入籍の手続きは市区町村役場で済ませてください。市区町村によって必要書類が異なることがあります。

先に日本の市区町村役場で結婚届をしてからベトナム大使館で結婚登録

この方法は手続き費用が発生しませんが、お客様自身で全ての手続きを済ませるが必要があるため、手間がかかります。在日コースで結婚した方の多くはこの方法を選んでいます。在日コースでは市区町村役場以外の手続きはお相手も進められます。

市区町村役場での入籍に必要な書類

書類 必要部数 取得機関
男性の婚姻要件具備証明書 1部 市区町村役場
女性の婚姻要件具備証明書 1部 駐日ベトナム大使館(注1)
結婚届書(証人2名の押印必要) 1部
女性の身分証明書(公印付き写本) 1部 在日女性は在留カード

現地女性は人民証明書

女性の住民票(在日女性のみ) 1部 市区町村役場
男性の住民票 1部 市区町村役場

女性側の書類:基本的に在日女性の書類は全て駐日ベトナム大使館にて取得すること。

(注1)在日女性が大使館で婚姻要件具備証明書を申請する場合は大使館またはベトナムの実家からの独身証明書を要求するので手順として下記のとおりです

  1. ベトナムの人民委員会で来日の日まで独身である証明書を取得
  2. ベトナム大使館で上記発行された証明書・申請書と身分証明書を提出し婚姻要件具備証明書を申請

市区町村役場で結婚受理された後はベトナム大使館に行って結婚登録をしなければなりません。結婚登録手続きは大使館が持っている結婚記録ノートにお二人が結婚受理されたことを記録するとのことです。結婚の登録が完了したら結婚登録証明書が発行されます。この結婚登録証明書は現地で受け取る結婚証明書に相当しています。

結婚登録に必要な書類です。

書類 必要部数 取得機関
結婚届受理証明書 1部 市区町村役場
女性の住民票 1部 市区町村役場
男性の住民票 1部 市区町村役場
パスポートコピー(2人分) 1部
戸籍謄本 1部 市区町村役場
申請書 1部 駐日ベトナム大使館で用紙が用意される

在留資格認定又は変更の申請手続き

在留資格認定又は変更の申請の目的は女性が日本人の配偶者として日本に滞在してもよいか審査することです。日本の配偶者という在留資格は労働無制限のため審査も極めて厳しいです。

  1. 在留資格認定は女性が日本国外に滞在し日本での在留資格を持っていない場合に申請します。したがって現地コースで結婚したお客様はこちらに該当します。
  2. 在留資格変更は女性が日本国内に滞在し留学・就労など在留資格を持っている場合に申請します。在日コースで結婚したお客様はこちらに該当します。

申請から在留資格認定証明書取得までの期間は約3ヶ月です。安定した仕事と十分な収入があれば、在留資格認定証明書が発行されます。以下のような場合は、在留資格認定証明書取得が困難です。

  • 多くの外国人と結婚歴がある
  • 不安定な仕事、低所得

在留資格認定証明書を円滑に取得するためには、以下の書類をご提出ください。

  • 2人の間のコミュニケーションの証拠(メッセージ、チャット、通話履歴)
  • ベトナムに何度も来ていることを証明できる書類
  • 2人の写真(日付と時刻が写真の隅に記録されているもの)

在留資格認定申請

在留資格認定申請は日本の役所での入籍が完了してから行うものです。

申請手続き

申請人:女性

書類提出者:下記のいずれか

  • ご主人(お客様)
  • 司法書士

必要な書類

書類 必要部数 備考
在留資格認定申請書(本人作成分) 1部 入国管理局ウェブサイトからダウンロード
在留資格認定証明書(ご主人作成分) 1部 入国管理局ウェブサイトからダウンロード
法務室発行の結婚証明書(公印付き写本)

又は

大使館発行の結婚登録証明書(コピー)

1枚
役所の結婚受理証明書 1枚 市区町村役場で取得
証明写真(4cmx5cm) 1枚
申請人パスポートコピー 1枚 パスポートがない場合は不要
ご主人のパスポート提示とコピー 1枚
ご主人の住民票 1枚 市区町村役場で取得
ご主人の残高証明書 1枚
ご主人の年収証明書 1枚
ご主人の戸籍謄本 1部 市区町村役場で取得
過去3か月の交際記録 結婚式写真、デート写真

チャット記録

結婚理由書 1枚 お客様作成
質問書 1枚 申請当日配られた質問書に記入

在留資格交付までの機関:約3か月間

在留資格変更申請

在留資格変更申請はベトナム大使館での結婚登録が完了したら行うものです。

申請手続き

申請人:女性

書類提出者:下記のいずれか

  • 女性本人
  • 司法書士

必要な書類

書類 必要部数 備考
在留資格変更申請書(本人作成分) 1部 入国管理局ウェブサイトからダウンロード
在留資格認定証明書(ご主人作成分) 1部 入国管理局ウェブサイトからダウンロード
法務室発行の結婚証明書(公印付き写本)

又は

大使館発行の結婚登録証明書(コピー)

1枚
役所の結婚受理証明書 1枚 市区町村役場で取得
証明写真(4cmx5cm) 1枚
申請人パスポートコピー 1枚 パスポートがない場合は不要
ご主人のパスポート提示とコピー 1枚
ご主人の住民票 1枚 市区町村役場で取得
ご主人の残高証明書 1枚
ご主人の年収証明書 1枚
ご主人の戸籍謄本 1部 市区町村役場で取得
過去3か月交際記録 結婚式写真、デート写真

チャット記録

結婚理由書 1枚 お客様作成
質問書 1枚 申請当日配られた質問書に記入

在留資格交付までの機関:約3か月間

日本ビザの申請

在日女性の場合は在留資格変更完了後、すべて手続き完了ですが現地女性は日本に行くためのビザを申請する必要があります。

在留資格認定証明書を取得後、EMSでベトナムに送って頂きます。女性が受け取った後、弊社はビザ申請書の記入、在ホーチミン日本領事館でのビザ申請手続きをご案内することができます。