ご利用規約(必読)

メコンブライダルの国際結婚サービスをご利用いただく前に、必ずお読みください。

国際結婚ご利用規約

メコンブライダル(以下、当社といいます)が提供するベトナム人女性との国際結婚サービス(以下、本サービスといいます)のご利用に先立ち、以下のご利用規約(以下、本規約といいます)をよくお読みいただき、これらの条件に同意された場合のみご利用ください。本サービスをご利用いただく場合は、本規約のすべてに同意されたとみなしますので、ご了承願います。

第1条(本規約の適用)

本サービスは、本規約に基づいて提供されるサービスであり、当社は、この本規約に同意し、本サービスを利用する資格を当社から付与された者(以下、会員といいます)に対して本サービスを提供します。

第2条(会員登録)

  1. 本サービスの利用を希望する方(以下、利用希望者といいます)は、あらかじめ本規約をよく読み、本規約の内容に同意した上で、当社が指定する方法により、会員の登録手続きを行う必要があります。
  2. 利用希望者は、前項の登録手続きにあたって、別途当社が要求する利用希望者自身に関する情報(以下登録情報といいます)を届け出なければならないものとし、登録情報に関して以下のことに同意します。
    1. 利用希望者は、当社が要求しなかった情報であっても、結婚相手候補が結婚を考える際に考慮すべきあらゆる情報を当社に伝えること。
    2. 会員は、登録情報を会員登録の完了後も常に最新、完全、かつ正確に保つこととし、登録情報に変更が生じた場合、電話やメール等で遅滞なく当社に通知すること。
    3. 登録情報の一部に関して、不足・隠ぺい・不正確・虚偽があることを当社が認める場合には、当社は、当該会員または第三者に対して何ら責任を負うことなく、当該会員による本サービスの利用停止の措置をとることができること。
  3. 利用希望者は、入会資格として、以下のすべてに該当することを確約するものとし、いずれかに該当しなくなった場合または該当しないことを隠していた場合、本サービス利用上においていかなる不利益を被っても異議申立てなきものとします。
    1. 20歳以上であること
    2. 健康で結婚生活に支障がないこと
    3. 良識ある社会人としてのエチケットを守れること
    4. 戸籍上、また実生活においても独身であること
    5. 住所が明らかであること
    6. 定職を持っていること
    7. 暴言や暴力をしないこと
    8. 外国人に対して偏見がないこと
  4. 当社は、登録申込みについて、当社所定の審査を行うものとし、当社の裁量により登録申込みを承諾するか否かを決定します。当社が会員登録申込みを承諾しない場合でも、当社はその理由または審査の基準等について利用希望者に開示する義務を負わないものとし、当社が登録申込みを承諾しないことにより、利用希望者または第三者に生じた損害及び結果等について当社は一切責任を負わないものとします。
  5. 本規約とは別途に契約書の交付を希望する場合、発行事務手数料として別途1万円(税込)を申し受けます。

第3条(お見合い打診)

  1. 会員は、自らが希望する女性を1名以上指名し、お見合い参加の可否を尋ねること(以下、打診といいます)ができます。
  2. 会員は、無料で何度でも打診を行うことができます。
  3. 現地女性の場合は約3日間、在日女性の場合は約2週間で打診の結果が出ますが、繁忙の場合や打診の人数が多い場合、さらに時間がかかることがあります。
  4. 打診のときに、会員は必須条件となる質問を添えることができます。それを希望する場合、女性を煩わせることにより打診の成功率が低下することを会員は了承するものとします。
  5. 次の各号のいずれかに該当するとき、当社は会員または第三者に対して何ら責任を負うことなく、打診の受付を断ることができます。
    1. 会員のプロフィール情報を受け取っていない、または不備がある
    2. 会員のお見合い可能日程が判然としない、または3か月以上先である
    3. 会員がお見合い可能日程の延期を繰り返している
    4. 会員か指名された女性のいずれかが、既に一度相手を断っている
    5. 既に退会した女性が指名されている
    6. 会員のお見合い日程が迫っており、打診とお見合いの準備が両立できないと当社が判断した
    7. 全女性が了承してもお見合いに行く意志がない、またはそれと当社が判断した
    8. 過去に打診を行い女性の了承を得たのに、正当な理由なくお見合いに行かなかったことがある
    9. 会員が結婚の意思を有していないと当社が認めた
    10. 会員側の環境上の理由により、お見合いや結婚が実現しない疑いがあると当社が判断した
    11. 会員が全女性の了承を得てもお見合いに応じない疑いがあると当社が判断した
    12. 会員が自己のプロフィールと明らかに釣り合わない条件を女性に求めていて、当社に在籍する女性とのマッチングが困難であると当社が判断した
    13. 会員の性格が当社に在籍する女性の伴侶として不適格であり、改善の見込みもないと当社が判断した
    14. 入国管理局による在留資格取得申請の審査に合格する見込みがないと当社が判断した
    15. 会員が法令または公序良俗に違反した
    16. その他当社が不適切と判断した
  1. 打診の結果は以下の3つがあります。
OK 女性はお見合い出席を了承しました。 お見合い可能
NG よりよい結婚を望み、会員を断りました。 お見合い不可
退会 当社は女性が既に日本人との結婚を望む状況にないと判断しました。 お見合い不可
  1. 前項の結果となった理由については、当社は会員に伝える義務を負わないものとします。
  2. お見合いを了承した女性に対して、当社を介して質問をすることができます。質問をした場合、女性を煩わせることによりお見合いの出席率が低下することを会員は了承するものとします。またこの質問についても当社は受付を断ることができ、その理由は本条5項に準拠します。
  3. 前項以外の形で、会員と指名された女性が事前にやりとりすることはできません。
  4. 打診結果に満足できなかった場合、会員はお見合いを希望せずに、何らの料金を支払うことなく本サービスの利用を取りやめることができます。その場合、会員は遅滞なく当社にその旨を通知するものとします。
  5. 打診結果を了承し、お見合いに進む場合は、現地女性を希望する場合(以下、現地コースといいます)は第4条、第5条、第6条の定めに従い、在日女性を希望する場合(以下、在日コースといいます)は第7条、第8条、第9条の定めに従います。
  6. お見合い出席女性が11人以上となった場合、基本料金の範囲外となります。詳しくは別途ご相談ください。

 

第4条(現地コースお見合い準備)

  1. 打診の結果を経て、会員が現地女性とのお見合いを希望する場合、以下の流れになります。
    1. 会員は速やかにお見合いの日程を定め、当社に通知します。
    2. 会員は当社に速やかにお見合いのための規定料金(以下、お見合い費用といいます)を支払います。
    3. 会員はパスポートの写真のあるページ(有効期限まで残り6か月以上あるもの)の写しを当社に送ります。
    4. 当社は速やかにお客様の往復航空券を取得し、そのe-ticketを会員にメールで送付します。また、随伴者の航空券が必要な場合はそちらも取得します。
    5. 当社は速やかにお見合い出席女性に対してお見合い確定連絡を行います。
    6. 会員は、以下のものを準備し、お見合い渡航の際に持参します。
      1. 戸籍謄本 2通
      2. 住民票 1通
      3. 離婚届受理証明書 離婚回数分
      4. 婚姻届 書き損じ用に数枚
    7. 当社はお見合い予定表を作成し、会員にメールで送付します。
    8. 会員はお見合いでの質問や話題を準備します。また、婚約後に、日本語学校に通わせるか否か、次回の渡航時期及び結婚式の日程について、希望できるようにしておきます。
    9. 当社はお見合いの準備をして、現地で会員をお迎えします。
  2. お見合い日程は2泊3日または3泊4日で、かつ平日を昼間が使える最終日が適しています。詳しくはメコンブライダルウェブサイトをご確認ください。また、4泊5日以上の場合、基本料金の範囲外となります。詳しくは別途ご相談ください。
  3. 現地コースにおいて、お見合い費用については次の通りです。
    1. この料金の授受をもって、お見合いを目的としたベトナムへの渡航(以下、お見合い渡航といいます)が可能になります。
    2. お見合い費用は30万円(税込)です。ただし、何らかの事情で日本側からスタッフが渡航できない場合、またはお客様が日本側スタッフの随伴を希望しない場合は、随伴者航空券代を減額し、お見合い費用は22万円(税込)とします。
    3. 前項の金額は、会員が当社の指定口座に振り込む方法によって支払います。振込の費用は会員の負担とします。
    4. 会員と随伴者の往復航空券について、それぞれ8万円を越えた分の費用については会員の負担となります。会員はお見合い前までに超過費用を当社指定口座に振り込む方法によって支払います。振込の費用は会員の負担とします。
    5. お見合い費用に含まれているものは以下の通りです。
      1. お客様の往復航空券代(8万円分まで)
      2. 随伴者の往復航空券代(8万円分まで)
      3. お見合い出席女性手配料
      4. 通訳者手配料と通訳への報酬
      5. 現地での交通費、飲食代、宿泊費
    6. お見合い費用に含まれておらず、お見合いによって生じる可能性のある費用は以下の通りです。
      1. 日本での各種準備書類
      2. 自宅から空港までの往復費用
      3. 航空券が8万円を越えたときの超過費用
      4. 在ホーチミン日本領事館での手続き費用
      5. お相手女性に与える日本語学校学費・生活費
      6. お相手女性が専用のスマホを持っていなかった場合のスマホ代
      7. お土産、プレゼント、デート代
      8. その他会員自身の判断で支払う費用
    7. お見合い費用及び往復航空券超過費用は銀行振込明細書をもって領収書の発行に代えさせていただきます。書面での領収書を希望される場合、発行事務手数料として別途5,000円(税込)を申し受けます。
    8. お見合いの前は、支払日を含む8日以内は、全額を返金いたします。 (ただし航空券発券済みの場合は代理店の規定キャンセル料による。またホテルの予約で返金不可の場合も規定による)出発14日前以降前日までは、35%を返金いたします。出発当日以降は返金出来ません。
  4. 航空券金額が8万円を越えるおそれのある場合、事前におおよその金額を伝えます。また、他の日程を提案することもあります。
  5. メールで送付したe-ticketのプリントアウトはご自身で行ってください。郵送が必要な場合、事務手数料として1,000円(税込)を申し受けます。
  6. 女性へのお見合い確定連絡は日程とお見合い費用が揃わない限り行いません。したがって、打診とお見合い費用の時間が空いてしまわないようにご注意ください。
  7. お見合い確定後からお見合い当日にかけて、予定された女性がお見合いをキャンセルする確率は約30%(当社実績による)です。あらかじめご了承ください。

第5条(現地コースお見合い渡航)

  1. お見合い渡航の流れは、以下の通りです。
    1. 会員は現地の国際空港に到着します。
    2. 空港出口にて、通訳と会員は合流します。
    3. 現地で会員は花嫁候補とお見合い・歓談し、お互いの合意のもとで婚約します。
    4. 現地で婚約の成功報酬(以下、婚約料といいます)25万円(税込)の支払いを行います。
    5. 女性の実家に訪問し、両親・親族に面会します。
    6. 女性との連絡手段を確定させ、連絡先交換を行います。
    7. 在ホーチミン日本国総領事館で、結婚手続きに着手(以下、領事館手続きといいます)します。
    8. 現地の病院で国際結婚に必要な健康診断(以下、神経検査といいます)を行います。
    9. 時間が許すなら、デートも行います。
    10. 帰国後、婚約相手としてお相手とのコミュニケーションを継続します。
  2. 日本からの随伴がある場合、そのときの状況に応じて、日本の空港、ベトナムの空港、ベトナムのホテル等で日本側スタッフと合流します。
  3. 女性を日本語学校に通わせたくない場合、事前に現地スタッフにお伝えください。
  4. お見合いが順調に進まなかった場合、お相手女性の都合がつかない場合、または十分な日程がなかった場合、実家訪問、神経検査、領事館手続き、デートのうち、一部または全部がカットされることがあります。
  5. 現地で何らかの理由で実家訪問、領事館手続き、神経検査のいずれかができなかった場合、追加の渡航が必要となることがあり、会員はそれを了承するものとします。
  6. 現地コースにおいて、婚約料については次の通りです。
    1. 25万円(税込)を現地代表者またはその代理人に支払います。
    2. 支払いは現地での指示に基づき行います。
    3. お見合い出席女性の誰とも何らの関係も継続しない場合に限り、婚約料を支払う必要はありません。婚約料を支払わない場合、全女性を断っての帰国となります。
    4. 婚約料の領収書については、単独コースで日本語の領収書が必要な場合のみ、発行事務手数料として5,000円(税込)を申し受けます。ベトナム語の領収書の場合、または日本からの随伴がある場合は無料です。
    5. 婚約料は女性側の理由により女性が一方的に婚約・結婚を破棄した場合のみ、10万円を返金するか、次回を15万円割引とします。それ以外の理由で破談になった場合は返金しません。また、女性による一方的破棄であっても、メコンブライダルホームページの返金ポリシーに定める例外事項に該当する場合は返金しません。
  7. お見合い渡航の間、特に実家訪問で、以下のことを決めていただきます。会員側の理由で以下のいずれかが決まらなかった場合、当社は一切責任を負わないものとします。
    1. 次回渡航の目処、結婚式の日程
    2. 日本語学校に通うか否か、通うならその学費・生活費の額と支払方法
    3. 連絡方法の決定と連絡先の交換、送受信のテスト
  8. デートで何らかの商品やサービスを購入する場合は、お見合い費用の対象外です。
  9. 万一お見合いが不調に終わった場合、現地側はお見合い渡航の続く間に、基本的に別の女性を紹介し、会員が結婚を望むならそれに応じられる女性を少なくとも1人は確保できるようにします。ただし、会員が何か希望条件を持っていて妥協しない場合、会員のプロフィール情報に不足や誤りがあった場合、本条11項に該当する場合は、この限りではありません。
  10. 女性が決まらなかった場合でも、お見合い費用は返金できません。
  11. 以下の各号のいずれかに該当する場合、当社は会員または第三者に対して何ら責任を負うことなく、お見合い渡航における各種サービスの一部または全部を中断することができます。
    1. 会員のお相手が決まったか、または会員が女性と何らかの関係を継続しようとしていて、会員が婚約料の支払いを行わない
    2. 会員が正当な理由なく女性とのお見合いを拒否した
    3. 当社に無断で、お見合い渡航中に会員がお相手女性に対し婚約破棄を宣言した
    4. 会員が女性に対して、婚約をすることなく面会、連絡先交換、実家訪問、交際、デート、肉体関係のいずれかを要求した
    5. 会員が当社やお見合い出席女性、第三者に対して著しく名誉を棄損する行為をした
    6. 会員が正当な理由なく、旅程上の指示を故意に無視するなど、旅程を正常に完了させることが困難であると当社が判断した
    7. 会員が当社に対する暴言、脅迫または侮辱等、当社を脅かす行為をした
    8. 会員が法令または公序良俗に違反した
    9. その他、当社が不適切と判断した
  12. 現地側代表者は、会員と別途の合意(口頭による合意を含む)を行うことにより、本条の規定と異なる内容のサービスをすることができます。

第6条(現地コース花嫁来日)

  1. お見合い後、花嫁来日までの流れは以下になります。
    1. 帰国後2週間以内に、会員は成婚のための料金(以下、成婚料といいます)を支払います。
    2. 当社は結婚手続きを進行させます。また、会員への結婚手続きの案内を行います。
    3. 会員は必要に応じて行政書士に依頼し、入国管理局での在留資格取得申請の対策を行います。
    4. 現地でのお相手女性との合意に基づき、会員は再渡航をします。現地で結婚手続きを完了させ、披露宴などを行います。
    5. 会員はベトナムでの結婚手続きが完了した後、遅滞なく市区町村役場への婚姻届提出と入国管理局への在留資格取得申請を行います。
    6. 花嫁は出国手続き(旅券・査証・航空券)等、諸支度を終えて、婚約後約6か月後に来日します。
  2. 現地コースにおいて、成婚料については次の通りです。
    1. 金額は49万円(税込)です。
    2. 前項の金額は、お見合い渡航後2週間以内に、会員が当社指定の銀行口座に振り込む方法によって支払います。振込の費用は会員の負担とします。
    3. 女性と何らかの関係が続いているなら、成婚料は支払わなければなりません。2週間以内に破談となり女性と何らの連絡も取らない場合は、成婚料を支払う必要はありません。
    4. 成婚料が支払われない間は、結婚手続きを含めあらゆるサポートを行いません。
    5. 成婚料は銀行振込明細書をもって領収書の発行に代えさせていただきます。書面での領収書を希望される場合、発行事務手数料として別途5,000円(税込)を申し受けます。
    6. 成婚料は女性側の理由により女性が一方的に婚約・結婚を破棄した場合のみ、30万円を返金するか、次回を30万円割引とします。それ以外の理由で破談になった場合は返金しません。また、女性による一方的破棄であっても、メコンブライダルホームページの返金ポリシーに定める例外事項に該当する場合は返金しません。
  3. 会員が渡航において通訳を希望する場合、当社が通訳を手配することができます。通訳者に払うべき金額は、1日8,000円(税込)の通訳料と、交通費宿泊費飲食費などの随行費用です。
  4. 会員側の理由によらず次回の渡航日程や結婚式日程が決まっていない場合、日程調整の支援を行います。
  5. ベトナムで結婚証明書を受け取るときに、会員は10万円(税込)の手続き費用を支払います。
  6. ベトナムで結婚式を行うときに、会員は結納金として30万円をお相手女性またはその親族に支払います。この結納金は結婚式費用、結婚プレゼント(指輪、イヤリング、ネックレスの3点セット)費用、結婚記念写真費用に使用されます。
  7. その他の詳細については、成婚料入金後に別途お答えいたします。
  8. 万一会員が婚約・結婚をやめたくなった場合、その意志を女性に直接伝える前に先に当社に伝えるものとします。その場合、当社は慰謝料の請求を回避する努力をするものとします。
  9. 以下の各号のいずれかに該当する場合、当社は会員または第三者に対して何ら責任を負うことなく、、会員へのサポートを断ることができます。
    1. 成婚料が支払われていない
    2. 会員と女性の個人間の問題である
    3. 結果が如何であっても何ら影響のない些事である
    4. 婚約・結婚が既に破綻した
    5. 会員が既にお相手女性との婚約・結婚をやめる意志を示した
    6. 会員がお相手女性との関係を破壊する、またはそのおそれが極めて高い行為・不作為を行い、女性がそれと認めた
    7. 会員がお相手女性に対し1か月以上連絡をとっていない
    8. 会員のプロフィールに詐称があった
    9. 会員が当社に対する暴言、脅迫または侮辱等、当社を脅かす行為をした
    10. 会員が法令または公序良俗に違反した
    11. 上記d~jのいずれかに過去に該当したことがある
    12. その他、当社が不適切と判断した

第7条(在日コースお見合い)

  1. 打診の結果を経て、会員が在日女性とのお見合いを希望する場合、以下の流れになります。
    1. 会員は速やかにお見合い可能日の候補を挙げ、当社に通知します。
    2. 女性の都合の良い日時と場所の希望を聞き、当社を経由して会員と女性と当社で相談します。
    3. 全当事者の合意のもと、お見合いの日時と場所が決定されます。
    4. 会員はお見合いの3営業日前までに当社にお見合い経費を支払います。
    5. 当社は速やかに女性に対してお見合い確定連絡を行います。また、通訳の手配を行います。
    6. 会員はお見合いでの質問や話題を準備します。
    7. 所定の日時と場所で、会員と女性と当社通訳者が合流し、お見合いを行います。
    8. 会員は花嫁候補とお見合い・歓談し、お互いの合意のもとで婚約または交際開始します。
    9. お見合いの席で交際の合意も婚約の合意もなされなかった場合、当社を経由して再度お互いの希望を確認します。その確認内容次第によって、交際、婚約、破談のいずれかとなります。
  2. 女性との日時・場所の調整が合意に至らなかった場合は、お見合いはできません。
  3. 在日コースにおいて、お見合い経費については次の通りです。
    1. 通訳料は1万円(税込)で、通訳料と当社通訳者の交通実費と女性の交通実費を合算した額を事前に請求します。ただし、女性の交通実費が不明な場合は、女性の交通実費のみ事後にお支払いいただきます。
    2. 前項の金額は、お見合いの3営業日前までに会員が当社指定の銀行口座に振り込む方法によって支払います。振込の費用は会員の負担とします。ただし、お見合いが確定した段階でお見合いまで3営業日がないなど、この方法での支払いが不可の場合は別途相談で決めます。
    3. お見合い会場での全員の飲食代は会員の負担となります。
    4. お見合い経費は銀行振込明細書をもって領収書の発行に代えさせていただきます。書面での領収書を希望される場合、発行事務手数料として別途5,000円(税込)を申し受けます。また、会場での飲食代の領収書については、店舗から直接お受け取りください。
    5. お見合い経費はいかなる場合も返金できません。

第8条(在日コースお付き合い)

  1. 交際の合意がなされた後は、以下の流れになります。
    1. 会員は当社フォーマットによる誓約書にご記入、押印いただきます。
    2. 会員はお付き合いのための料金(以下、お付き合い料といいます)として、初月分5万円(税込)を支払います。
    3. 当社は会員とお相手女性の連絡先を互いに通知します。
    4. お付き合い料の有効期間は1か月です。追加のお付き合い料1か月あたり5万円(税込)を支払うことによって、最大3か月のお付き合いが可能です。
    5. 交際を経て、互いの合意のもと婚約します。
  2. お付き合い料については以下のようになります。
    1. 金額は1か月あたり5万円(税込)です。最大3か月です。
    2. 前項の金額は、お付き合い開始時に会員が当社指定の銀行口座に振り込む方法によって支払います。また、2か月目以降は有効期間1か月が経過する3営業日前までに当社指定の銀行口座に振り込む方法によって支払います。振込の費用は会員の負担とします。
    3. のちに成婚料が発生した場合、成婚料から既に支払ったお付き合い料が差し引かれます。
    4. 女性と何らかの関係が続いていて、なおかつ成婚料の発生条件を満たしていないなら、お付き合い料は支払わなければなりません。支払いを行わない場合、女性と何らの連絡をしてはいけません。
    5. お付き合い料は銀行振込明細書をもって領収書の発行に代えさせていただきます。書面での領収書を希望される場合、発行事務手数料として別途5,000円(税込)を申し受けます。
    6. お付き合い料はいかなる場合でも返金できません。
  3. 3か月を越える場合は、お付き合い料の範囲外となり、お相手との関係を継続して婚約料・成婚料を支払うか、お相手との関係を断つかのいずれかとなります。
  4. お付き合いでは会員だけでなくお相手女性にも、破談にする権利があることを会員は了承するものとし、いかなる形で破談となった場合でも当社は一切の責任を負わないものとします。

第9条(在日コース成功報酬)

  1. 在日コースでの婚約後、またはお付き合い3か月満了後の流れは以下のようになります。
    1. 会員は成功報酬として婚約料と成婚料を合算した額を支払います。
    2. 連絡先交換がなされていない場合、当社は会員とお相手女性に互いの連絡先を通知します。
    3. 当社のサポートは終了します。
    4. 会員とお相手女性は結婚生活を開始することができます。もしもお相手女性が技能実習生なら、一度帰国します。
    5. 夫婦相談の上、互いの両親、親族に面会し、披露宴等を行います。
    6. 会員は遅滞なく結婚手続きと入国管理局への在留資格申請を行います。
  2.  在日コースにおいて、婚約料と成婚料については次の通りです。
    1. 金額は婚約料と成婚料を合わせて74万円(税込)です。お付き合い料が支払われていた場合、既に支払われたお付き合い料はこの額から減算されます。
    2. 婚約またはお付き合い3か月満了後の関係継続となった場合、婚約料と成婚料は支払わなければなりません。支払いを行わない場合、女性と何らの連絡をしてはいけません。
    3. 本条における婚約は、結婚の合意があったと客観的に認められる事象(同居の開始、女性との結婚手続き着手、女性との結婚式準備着手、入国管理局での在留資格手続き着手、女性との肉体関係発生等が該当し、これに限られない)があった場合を含むものとします。
    4. 婚約料と成婚料は婚約がなされた後1週間以内またはお付き合い期間終了3営業日前のいずれか早い方の期限で、当社指定の銀行口座に振り込む方法によって支払います。振込の費用は会員の負担とします。
    5. 婚約料と成婚料は銀行振込明細書をもって領収書の発行に代えさせていただきます。書面での領収書を希望される場合、発行事務手数料として別途5,000円(税込)を申し受けます。
    6. 婚約料と成婚料はいかなる場合でも返金できません。

第10条(VIPコース)

  1. オンデマンドで女性を新規募集するコース(以下、VIPコースといいます)の流れは以下のようになります。
    1. 会員は当社が会員のプロフィールを不特定多数に公開することを了承します。
    2. 会員は女性の希望条件を詳細に指示します。
    3. 当社は会員の条件とプロフィールの釣り合いを考慮し、婚約料と成婚料への上乗せ金額と予想される女性募集期間を提示します。
    4. 会員は上乗せ金額に合意し、当社は女性の募集を開始します。
    5. 一定期間経過後、当社は1名以上の女性のプロフィールを提示します。
    6. その後は金額以外においては、現地コースまたは在日コースの定めに従います。
  2. VIPコースはお客様のプロフィールがハイクラスであることを前提としているという性質に鑑み、当社は、会員がVIPコースの利用に足るプロフィールでないと判断する場合、VIPコースの利用をお断りすることができます。
  3. 会員の希望条件が達成困難の場合、当社は、会員の希望条件の緩和をお願いするか、またはVIPコースの利用をお断りすることができます。
  4. 現地渡航であればVIPコースの女性と通常の現地コースの女性と同時にお見合いすることができます。その場合、通常の現地コースの女性に決まった場合はVIP料金ではなく通常の料金になります。
  5. VIPコースを利用して女性を見つけられたにもかかわらず、会員側の理由でお見合いをしない、またはお相手が決まらない場合、当社は、次回以降の会員のサービスの利用をお断りできるものとします。
  6. 新規の募集を行うという性質上、VIPコースを利用した結果女性が見つからないことがあります。その場合は原則としてVIPコースは終了となりますが、当社が合意する場合、条件を変更して再度探すこともできるものとします。

第11条(不正行為と滞納行為)

  1. 故意に料金の支払いを免れるような不正な行為があった場合、及び退会した後にお相手の会員と故意に成婚、またはそれと認められる時にも、当社は会員に対し料金の請求ができ会員は支払わなければなりません。
  2. 婚約・結婚前であっても肉体関係が生じた場合は全料金を支払わなければなりません。
  3. 会員が料金を滞納した場合、会員は支払い期限の翌日より実際の支払日までの日数に応じて未払い金額に対し年利21.9パーセント(年365日日割計算)を乗じて計算した金額を遅延損害金として支払うものとします。
  4. 会員が本規約に規定された料金を滞納した場合及び料金の支払いを免れる試みを行った場合、会員は当社の事業の破壊を試みたとみなされます。当社は会員の結婚を阻止する目的、並びに会員に料金を請求する目的で、あらゆる手段を講じることができ、それによって会員または第三者に生じた損害については一切責任を負わないものとします。

第12条(不可抗力による変更)

天災地変、戦争、内乱、暴動、同盟罷業(ストライキ)・労働争議、電力供給の逼迫などの社会的大変動、法令の改廃・制定・通達・指導等の公権力の作用等やむを得ない場合は、当社は会員に事前に説明し、日程及び国際結婚サービスの内容を変更調整することができます。

当社は、本条に基づく本サービスの変更調整により、会員または第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第13条(利用停止と登録抹消)
当社は、会員が以下のいずれかに該当する場合には、事前の通知・催告その他手続きを要することなく、本サービスの全部もしくは一部の提供をとりやめ、または会員としての登録を抹消することができるものとします。

  1. 本規約、または当社が別途に定めるその他の規約、規定等に違反した場合
  2. 当社への申し込み前後に、日本の刑法に触れる行為をした場合
  3. 第2条第3項に定める入会資格に該当しないことが判明した場合
  4. 自己に不利な情報を故意に隠していたと当社が判断した場合
  5. 資産について差押え、仮差押え、仮処分、強制執行若しくは公租公課の滞納処分を受けた場合
  6. 破産手続き開始、民事再生手続き開始、会社更生手続手続き開始、または特別清算手続き開始について自ら申立て、もしくは第三者から申立てられた場合
  7. 暴力団等反社会的勢力に属する、または関連すると判明した場合
  8. その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

当社は、本条に基づき当社が行った行為により会員に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第14条(免責事項)

  1. 以下のものは当社のサポート対象外とし、当社は責任を負わないものとします。
    1. お見合い費用のご入金が遅れたことによる航空券の高騰(8万円を越える分は別途ご負担いただきます)
    2. 会員が自らの意志で支払った第三者への費用
    3. 会員が自らの意志でお相手女性やその関係者に与えた金品、プレゼント
    4. 当社またはお見合い相手に必要な情報を伝えなかったことにより生じたあらゆる問題
    5. 当社またはお見合い相手に不正確な情報を伝えたことにより生じたあらゆる問題
    6. 会員とお見合い相手のプロフィールの立証責任
    7. 会員またはお見合い相手が打診後にプロフィールが変化したことにより生じたあらゆる問題
    8. 会員の遅刻により予定された飛行機に乗れなかった場合の費用
    9. 当社の故意または重過失によらず、予定されたお見合い相手がお見合い会場に到着しなかったことにより生じたあらゆる問題
    10. お見合いの席で確認すべき諸事項を確認しなかったことにより生じたあらゆる問題
    11. 現地で単独行動またはスタッフの指示・誘導に従わない行動をとったことにより生じたあらゆる問題
    12. 駐日ベトナム大使館以外の駐日外国公館で手続きを行ったことにより生じたあらゆる問題
    13. お見合い渡航後1か月未満で再渡航を希望する場合のビザ取得手続き
    14. 会員がお相手女性の翻訳ミス、意思疎通ミスを許容しないことにより生じたあらゆる問題
    15. 会員が当社に無断で、お相手女性に対して婚約・結婚の破棄を宣言したことにより生じたあらゆる問題
    16. 会員がお相手女性に対して信頼を破壊するような行為、不作為を行い、お相手女性がそれと認めたことにより生じたあらゆる問題
    17. 会員が不貞行為をした、またはしようとしたことにより生じたあらゆる問題
    18. 会員が1か月以上お相手女性と連絡を取らなかったことにより生じたあらゆる問題
    19. 入国管理局での在留資格申請(ただし、当社が行政書士を紹介することは可能です)
    20. 会員がお相手女性の運転免許取得を希望した場合の、関連するすべての問題
    21. 結果が如何であっても何らの影響のない些事
    22. 会員が当社に対する暴言、脅迫または侮辱等、当社を脅かす行為をしたか、または当社がそれと判断した以後のすべての問題
    23. 会員が本規約、または当社が別途に定めるその他の規約、規定等、若しくはその他の法令・通達等に違反したか、または当社がそれと判断した以後のすべての問題
    24. 上記のa~wの事項に付随する問題
  2. 現地コースでは花嫁来日(国際空港到着)をもって、在日コースでは成婚料の授受をもって、それぞれサービスは完了となります。その後における夫婦関係及びその他の問題については会員の責任において保証し、以後当社に対して何ら異議申立てをしてはいけません。

第15条(サービス内容の変更等)
当社は、通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによって会員に生じた損害について一切の責任を負いません。ただし、何らかの料金を支払い、継続してサービスを受けている会員には通知し、または以前のものを適用するものとします。

第16条(本規約の改定)
当社は、本規約を適宜見直し、必要と判断した場合には、会員に通知することなくいつでも変更することができるものとします。変更後のご利用規約は、当社の定める方法により、会員に通知するものとし、通知後において、会員が本サービスを利用した場合は、当社は、会員が変更後のご利用規約に同意したものとみなし、変更後のご利用規約を適用するものとします。

第17条(秘密保持)
会員は、本サービスの利用に関して当社から提供される一切の情報について、当社の書面(電子メール等の電磁的方法を含む)による事前の承諾を得た場合を除いて、第三者に開示・公表してはならないものとし、かつ態様の如何を問わず利用してはならないものとします。

第18条(権利義務の譲渡の禁止)
当社の書面による事前の承諾を得た場合を除いて、本規約上の地位、会員たる地位、並びに本規約に起因若しくは関連して生じる当社に対する一切の権利及び義務の全部または一部を第三者に譲渡、承継、担保提供、その他の処分をしてはならないものとします。

第19条(個人情報の取り扱い)
個人情報の取り扱いについては、別途当社が定める個人情報保護方針に従うものとします。

第20条(損害賠償)

  1. 当社は、本規約に別段の定めがある場合を除いて、当社の責に帰すべき事由により本サービスの提供に起因または関連して会員に現実に生じた直接かつ通常の損害を、会員が当社に支払った婚約料及び成婚料の総額を累積限度額として賠償するものとします。ただし、当社の故意または重過失により本サービスの提供に起因または関連して損害が生じたときは、当社は会員に現実に生じた直接かつ通常の損害を賠償するものとします。
  2. 会員は、本サービスの利用または本規約に定める義務等の違反により当社に損害を与えた場合は、当該違反に起因または関連して当社に現実に生じた直接かつ通常の損害を賠償するものとします。

第21条(本サービスの終了)

  1. 以下に該当する場合、本サービスは終了します。
    1. 現地コースにおいて、花嫁が来日(国際空港到着)し、かつ全料金の授受が完了している場合
    2. 在日コースにおいて、全料金の授受が完了した場合
    3. 会員が打診結果を確認検討し、近日でのお見合いを希望しないことに決めた場合
    4. お見合いが不調に終わり、会員は女性との何の関係も継続せず、お見合い費用またはお見合い経費の授受が完了している場合
    5. 現地コースにおいて、お見合い後かつ花嫁来日前までに、婚約・結婚関係が破綻した、またはそれと認められる場合
    6. 在日コースにおいて、お付き合い中に交際当事者の一方が関係の継続を希望しなかった、またはそれと認められる場合
    7. 現地コースにおいて花嫁来日前までに、会員が日本以外で生活することとなった、またはそれと認められる場合
    8. 会員が結婚手続きや在留資格申請等の手続きを断念した、またはそれと認められる場合
    9. 当社から会員への連絡が1か月以上取れなくなり、かつその時点までに生じた全料金の授受が完了している場合
    10. 結婚当事者の一方が死亡した場合
    11. 第12条に定める状況等に該当したことにより、サービスの継続が困難となった場合
    12. 第13条の定めにより、会員の利用が停止となった場合
    13. その他、当社と会員の合意に基づく場合
  2. 本条1項のうち、a, bに該当する場合、会員は結婚生活を開始することができます。その後における夫婦関係及びその他の問題については会員の責任において保証し、以後当社に対して何ら異議申立てをしてはいけません。
  3. 本条1項のうち、現地コースでeに該当する場合かつ全料金が滞納されていなかった場合、会員の指示に基づき、当社は女性側の原因による女性側の一方的なキャンセルかどうかを調査します。調査結果に基づき、返金等の必要が生じた場合は、その措置を行います。

第22条(放棄の否定)

本規約に示される権利を行使または実施しない場合があったとしても、このことは当社が当該権利を放棄することを意味しません。

第23条(余後効)

会員は、サービスが終了した後も、第11条(不正行為と滞納行為)、第13条(利用停止と登録抹消)、第14条(免責事項)、第17条(秘密保持)、第18条(権利義務の譲渡の禁止)、第19条(個人情報の取り扱い)、第20条(損害賠償)、第24条(準拠法・合意管轄裁判所)の規定に従うものとします。

第24条(準拠法・合意管轄裁判所)

本規約は日本法に準拠し、日本法によって解釈されます。本規約に関して紛争が生じた場合、双方の円満な話し合いを第一としますが、話し合いが付かない場合には、訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(最終更新日:令和元年8月21日)