記事一覧

ホーム / メコンブライダルのベトナム国際結婚「日本ルート」とは?

作成者 Masaya Yoneda - 2019年8月22日

メコンブライダルのベトナム国際結婚「日本ルート」とは?

サイト諸所でちらっと触れている、メコンブライダル独自の「日本ルート」のベトナム国際結婚について解説します。

日本ルート中韓ルート
データの信用度×
年齢差への許容度×
指名女性の手配成功率×
身元の安全度×
女性の質×
都市部での大量手配×
地方での大量手配×

〇ベトナム国際結婚の歴史〇

前史

ベトナムの国際結婚を最初に始めたのは韓国です。その後中国台湾が参入しました。この3か国では、ベトナム国際結婚が日本のそれと比べてもっと市民権を得ていて、毎日のようにお見合いが行われています。現在では、30代の男性もたくさんベトナム女性と結婚するようになっています。

私たちがベトナム国際結婚に参入する前に、韓国によるベトナム国際結婚を見学する機会がありました。そのやり方は、とても効率的なものです。

まず、国際結婚を望むベトナム女性を、地方からまとめて呼んでおきます。女性たちは、婚活を目的に都市部に滞在するのです。安いホテルに長期間宿泊してもらい、毎日何度もお見合いに参加してもらいます。

韓国の紹介者は、韓国男性や中国男性をまとめて5人ほど連れてきます。そして、たくさん滞在している女性に次から次へとお見合いさせます。お見合いに参加する韓国男性や中国男性は、お相手選びに悩むということがあまりなく、即決していきます。また、お見合い費用はかなり高く、婚約しないとそのお金は水の泡です。こうして次々と婚約が成立していくのです。

紹介者側は、女性データをとりません。写真やプロフィールなどは事前に男性に与えることなく、その場で判断してもらいます。そして互いのキャンセルを封じるために、結婚式はすぐに挙げます。これで紹介者側がトラブルに巻き込まれることはほぼなく、安定したビジネスモデルになっています。

中国の紹介者も、韓国に倣ったシステムなので基本は同じですが、中国系ベトナム人が紹介者になることが多く、ここでは語れない怖い部分があります。

日本ルートの開拓

さて、私たちがベトナム国際結婚を始めるにあたって最も簡単な方法は、既存の韓国や中国の紹介者と提携し、彼らから女性を紹介してもらうことです。(韓国ルート中国ルート

しかし、この方式では日本人には向かないだろうと考えた私たちは、日本人のための紹介ルート、日本ルートを作ろうじゃないかと思い立ちます。以下の理念を掲げました。

  • 日本人との結婚を希望する女性を集める
  • 年齢差を気にしない女性を集める
  • 男性は写真とプロフィールを見て女性を指名できる
  • 女性と女性の両親は指名された時点で男性を断ることができる
  • 事前に合意した女性がお見合いに出席する
  • 男性は婚約を決めずに交際から始めても良い(注)
  • 男性は全女性を断って帰国しても良い
  • 女性はお見合いのとき以外は、通常の生活をする

(注)現在は廃止。婚約か拒否の二択になります。これは、交際のサポートを過去何度か試みましたが、一度も成功しなかったためです。女性は結婚してくれるか分からない高齢の男性と真剣に交際しないし、交際希望の男性も断る選択肢を残したいだけの人ばかりで、全くうまくいきませんでした。

こうして大金を投資し、ベトナム国際結婚の歴史で最初にして、おそらく最後の、ベトナム国際結婚日本ルートが構築されました。これは、ベトナムにとっては一般的ではないお見合い方式ですが、日本人には受け入れやすいものだと思っています。

現在

ベトナムでは現在、スマートフォンが普及していますが、給与水準はまだ高くなく、国際結婚としてはうってつけの状況で、ベトナム国際結婚は最盛期にあります。

いまや多数の日本の業者がベトナム国際結婚を扱っていて、そのほとんどが中韓ルートを流用しています。その中にあって、日本ルートを自ら持って、いわば「直販」している私たちは、業界の中では異質な存在といえます。

〇ルートの比較〇

概説

メコンブライダル「日本ルート」は、日本国内の類似サービスを模してシステムが作られました。事前に写真やプロフィールをを見て指名でき、指名した女性がお見合いに了承すれば、現地でお見合いができます。渡航日程はどうしても3日ほどになってしまううえ、そう何度も渡航できるものでもないので、婚約はその場になってしまいますが、それ以外の点ではおおむね日本のお見合い結婚と同じイメージでしょう。

それと比較すると、ベトナムで一般的な中韓ルートでは、まずデータ収集が大の苦手です。元々がデータを取らないスタイルな上、なんとか集めたデータもすぐに古くなるので、古い会員が掲載され続けているか、またはそもそもサクラが掲載されているような形が多く見受けられます。一方、都市部で女性の数を揃えることは得意で、既に滞在している女性をありったけ連れてくることができ、お客様が満足するまでお見合いを続けることが可能です。

女性手配について

中韓ルートが得意なのは、大量手配です。韓国男性や中国男性にまだ選ばれていない、都市部滞在中の女性なら、たくさん連れてくることができます。

指名された通りの女性を出席させることは、かなり苦手です。そもそもデータがないことが多く、データを集めようとしても韓国用・中国用の流用なので、複数の仲介者を経由することになるなど困難があります。また、当日になるまで女性が残っているかどうかも確定しづらいです。

指名された女性が出席しないおそれが非常に高いということは、中韓ルートの最大の弱点といえます。それを逆手にとって、お客様に女性が指名されたら、女性がOKしたと偽ってお見合いを確定させ、現地では違う女性とのお見合いをさせるというやり方も見受けられます。

一方、日本ルートが得意なのは、指名された女性の手配です。女性を拘束しない私たちのやり方は、メコンデルタを中心に多くの女性の支持を受けており、直接的で確実性の高い手配が可能になっています。

指名された女性の手配成功率は、70%以上というところで推移しています。これは、条件の悪い男性の案件も果敢に引き受けたうえでの数字です。中韓ルートでは実現できない高水準といえるでしょう。

大量手配も、カントーでならできます。地方女性をたくさん集めることができるのは、中韓ルートにはない強みではあります。ホーチミンでの大量手配は、さすがに中韓ルートには及びません。

出席女性について

中韓ルートのポイントは、韓国男性や中国男性との結婚が前提とされていることです。ベトナム女性と結婚を望む韓国男性や中国男性は若年化が進んでいるので、出てくるベトナム女性は30代くらいの男性とのお見合いを何度も経験しています。年齢差には厳しく、40代・50代の男性は、かなりの妥協を余儀なくされるでしょう。

女性の質としても、基本的に韓国男性・中国男性が選ばなかった女性とのお見合いとなることは念頭に置かなければなりません。ただし、国際結婚を人生設計の前提に据えている女性がほとんどなので、結婚への積極性については期待できます。

一方、日本ルートの場合、日本人との結婚を前提に集めています。年齢差には強く、50代後半くらいまでなら軽々と結婚を実現できます。基本的に50代の日本人男性を想定して女性集めをしているので、それ以下の年齢なら余裕を持って女性探しができるでしょう。60代でも、定職があり経済的に安定した方なら、十分に可能です。

女性の質も、指名した女性と本当に会えること日本人との結婚を前提に女性を集めていることから、中韓ルートを上回ると考えています。

ただし国際結婚に頼った人生設計をしている女性は少ないので、結婚への積極性は見劣りします。この点を補うために、お見合い出席打診においては女性の両親まで確認し、その気のない女性には事前に断ってもらうよう取り組んでいます。

その他

データが用意できないために、既にいない女性や実在しない女性をホームページに掲載し続けざるを得ない業者は、ある意味で既に1つの嘘をついているといえます。そうすると、「2つ目の嘘」もためらわないでしょう。

実際に、現地で希望した女性とまるで会えなかったり、ホームページに記載していない追加費用をあとから請求されたりといったことは、国際結婚業者においてある意味で定番のパターンになっており、業界全体の社会的地位を下げている一因になっています。

私たちは、日本人が開拓した日本ルートを使って、実在する会員を紹介している真面目な結婚業者です。人生で最も大事な結婚を考えられるなら、ぜひ賢い選択をしていただければと思います。

 


結婚相手をお探しですか?

メコンブライダルは日本人男性・ベトナム女性専門の国際結婚紹介会社です。

あなたの人生の扉は、きっとここに。

ベトナム女性会員一覧

メコンブライダルLINE-QRコード

080-6190-2330
[email protected]

今日、あなたの人生を変えてみませんか?