記事一覧

ホーム / ベトナムの麺!フォー、フーティウ、ブン

作成者 Masaya Yoneda - 2018年9月10日

ベトナムの麺!フォー、フーティウ、ブン

ちゃお(。・ω・)ノ

 

今日はベトナムの食べ物について紹介しますよヾ(o´∀`o)ノ

ベトナムは東南アジアの中でも特に食べ物に強く、安くて美味です!!その中でも南部、メコンデルタは、豊かな水源と肥沃な土壌に恵まれ、一段とおいしいものが食べられますよ!

▲カントー市街のすぐそこにメコン川。メコン川とその流域には2000種以上の生物が生息している。

 

今日は麺類を紹介しますね~!

 

フォーphở

フォーはベトナムを代表する麺料理です。いや、肉料理…??日本で食べられるフォーは、野菜が多く味も薄く、ヘルシーなイメージがあるかもしれません。一方、現地のフォーは、麺はオマケで肉も野菜も大量に入っています。肉の種類は牛、豚、鶏など自由に選べますが、牛肉が人気ですね。ライムや揚げパン、唐辛子、生もやしなどが卓上にあり、たくさん入れてがつんと食べるのもありありのありですぜ(*`・ω・)ゞ

価格は日本円にして300円前後です。安すぎません??日本で例えるならトッピングたくさんつけたラーメンのイメージですので、価格を想像してみましょう。1000円くらいかな?それを安く食べられるのはやはりすごい。トッピング天国やないか!!もう3食フォーでいいや!!というわけでもないのがベトナムです!他にも麺料理があるんですよ!

 

フーティウ(Hủ Tiếu)

フーティウはカントーでは名産品となっている麺類です。筆者はこの麺が一番お気に入りです。細いですがコシがあり、食感は良いそうめんな感じです。でも、トッピング天国は変わらず、例のごとく主力は野菜と肉たちですね。

細い麺が好きな人は、ぜひフォーだけでなくフーティウも食べてみてくださいね!値段もフォーと同じくらいです。せっかくカントーなんだからハノイやホーチミンとは違ったものが食べたい!というかたにもおすすめです。

 

ブン(bún)

ブンは日本ではビーフンとして知られる麺類です。ベトナムでは汁と一緒に食べることが多く、フォーとキャラがかぶっています。しかし、こちらはベトナムではフォーよりメジャーとのことです。しかし観光客がフォーを好むので、最近は若干フォーに押され気味。フォーよりもおコメ感が強く、コシの強さが楽しめます。また、例のごとくトッピング天国です。これは筆者が実際に食べた写真ですが、もやしはその後全部投入しましたよヾ(o´∀`o)ノ

 

3つの麺はだいたい同じくらいの値段です。日本にうどん・そば・ラーメンがあるのと同じ感じですね~!ラーメン若干高いけど。

さてどれを選ぶべきか?なんて考える必要はありません。全部食べればいいんです!全部食べても、日本のラーメン1食と同じくらいの値段ですからね!3食でローテーションして毎日麺食べちゃうのもあり…??( ´艸`)3食牛丼なんかより断然健康的ですね。

 

それでは今日はこの辺で。たんびえっ(。・ω・)ノ

 


結婚相手をお探しですか?

メコンブライダルは日本人男性・ベトナム女性専門の国際結婚紹介会社です。

あなたの人生の扉は、きっとここに。

ベトナム女性会員一覧

メコンブライダルLINE-QRコード

080-6190-2330
[email protected]

今日、あなたの人生を変えてみませんか?